乳がん検診について

市検診では2年に一度検診を受けられますが 、時にはご自身のリスクに合わせて、1年ごとの検診を行うことも大切です。市検診と自由診療での健診を組み合わせて工夫するとお得に受けることができます。

【費用】
川崎市乳がん検診 1,000 円
マンモグラフィ検査(自費) 6,050 円(税込)

2021年9月より
最新のマンモグラフィ機器を導入しております

従来に比べ、画像認識技術の向上により、使用X線量30%ダウン。高精細画像によりこれまで以上に微細な病変がわかります。乳房を強く圧迫する時間の短縮と、より痛みを感じにくい形状の工夫などがされています。

(基本的に強い痛みのでる検査ではありません。乳房の圧迫の感じ方は個人差があります)

撮影は、女性の放射線技師が担当します。

AMULET FUJIFILM

「AMULET Innovality」
FUJIFILM製

結果については、当センターにご来院もしくは郵送にて丁寧にわかりやすくご説明します。
ご来院の場合は、ご希望やご不安がある方へ女性医師による視触診も行いますので、お気軽にご相談ください。

(結果説明ご希望の場合)
・自費検査の場合は約2 週間後、川崎市乳がん検診の場合は約3 週間後の予約をお取りいたします。
(郵送をご希望の場合)
・検査から約3〜4 週間後の到着になります。

マンモグラフィ検査を受ける前に

理想の検査のタイミングは?

月経開始5~12日目までの時期に受けましょう

この時期は、乳腺の張りがないために病変が見えやすく痛みも少ないこと、また妊娠の心配が少ないことが理由です。
※月経直前は、ホルモンの影響で乳房の構造が変化します。乳房の圧迫が不十分になり病変を見落とす危険があったり、痛みを感じやすいことがあるのでお勧めしていません。

(検査予約前に、必ずご一読ください)

川崎市検診では、安全な検査、精度の高い検査のために、いくつかの確認項目があります。下記項目に該当している方には、注意事項や市検診に代わる乳がん検診のご案内をしています。「マンモグラフィ検査の注意点」を是非ご参考にしてください。
※川崎市乳がん検診ご予約の方には、「川崎市乳がん検診申込書・記録票」第4 号様式(乳がん検診)と『川崎市乳がん検診「マンモグラフィ検査」実施に伴う確認事項』の用紙を事前にお送りしています。ご自宅でご確認、ご記入いただき、検診当日にご持参ください。


川崎市乳がん検診確認事項

(下記に当てはまる方は、川崎市乳がん検診を利用できません)
川崎市乳がん検診
①今年度、前年度にも川崎市乳がん検診を受けている
②妊娠中、妊娠の可能性がある
③乳がんと診断されている又は乳がんの手術を受けたことがある
④心臓ペースメーカー術を受けたことがある
⑤乳房に「人工物」が入っている又は豊胸手術を受けたことがある
⑥現在、授乳中である
⑦乳房にケガをしている又は胸部をケガしている
⑧V-Pシャント手術(水頭症手術)を受けたことがある

下記の項目に該当する方は、一般的にマンモグラフィが受けられない、または受ける際に注意が必要です。注意事項やマンモグラフィに代わる検診のご案内をしています。「 マンモグラフィ検査の注意点 」を是非ご参考にしてください。


マンモグラフィ検査 確認事項

(下記に当てはまる方は、ご注意ください)

・妊娠中、妊娠の可能性がある
・心臓ペースメーカー術を受けたことがある
・乳房に「人工物」が入っている又は豊胸手術を受けたことがある
・現在、授乳中である
・乳房にケガをしている又は胸部をケガしている
・V-Pシャント手術(水頭症手術)を受けたことがある

※マンモグラフィ撮影の体位が取れない方(車いすや麻痺など)は事前にお知らせください。
検診自体は可能ですので、サポートしての撮影をご準備いたします。

マンモグラフィ検査の注意点

(下記に当てはまる方は、川崎市乳がん検診事業を利用できません)

今年度又は前年度に川崎市乳がん検診を受けている

理由:川崎市からの補助は 2 年度に 1 回です。
・今年度はオプション検査(6,050円税込)によるマンモグラフィをご検討ください。

現在妊娠中である又は妊娠の可能性がある

理由:放射線障害誘因の危険性があるため。

・妊娠中は乳房超音波検査による検診が受けられます。

※ただし、妊娠中は乳腺が普段とは異なる状態であることをご理解の上、ご検討ください。

※マンモグラフィは月経開始  5~12 日目の時期に受けましょう(妊娠の可能性が低い時期)。

乳がんと診断されている又は乳がんの手術を受けたことがある

理由:現在、通院されている医療機関での検査を優先してください。

・治療、経過観察終了後の方で不安のある方は、麻生総合病院乳腺科へのご相談ください。

心臓ペースメーカー術を受けたことがある

理由:市検診の条件下では、ペースメーカーに配慮した撮影が出来ません。

・オプション検査(6,050 円 税込)によるマンモグラフィをご検討ください。ペースメーカーに配慮したマンモグラフィを撮影します。また、乳房超音波検査による乳がん検診もお勧めします。

乳房に「人工物」が入っている又は豊胸手術を受けたことがある、V-Pシャント手術(水頭症手術)を受けたことがある

理由:検査時の乳房圧迫により、挿入物への影響や破損の懸念があるため。

・乳房超音波検査による乳がん検診をお勧めしています。オプション検査(6,050 円 税込) によるマンモグラフィ検査受診について、ご自身で判断が難しい場合は、手術を受けられた医療機関もしくは、麻生総合病院乳腺科の受診をお勧めします。

乳房にケガをしている又は胸部をケガしている(肋骨骨折や1か月以内の胸部 外傷等)

理由:現在の治療および治癒を優先してください。

・創部が軽快してからの検診をお勧めします。

現在、授乳中である

理由:乳汁のカルシウムの影響で、検診に適したマンモグラフィ画像が得られません。

・マンモグラフィではなく、乳房超音波検査による検診をお勧めします。

※乳腺の状態から、断乳後、約6か月経過してからの検査が勧められています。

上記いずれの場合も、明らかな症状や異常がみられる際には、検診ではなく 麻生総合病院 乳腺科の受診をご検討ください。
*40歳未満の乳がん検診は、高濃度乳腺の傾向が強いことから乳房超音波による検診を推奨しています。
*現在、当健診センターでの乳房超音波検査は準備中です。 超音波検査ご希望の方は、麻生総合病院乳腺科で対応させて頂きますのでご相談ください。